ウーマン

治療で取り除く前にチェック【取り除くべきほくろや切除法の特徴】

特徴を知るのも大事

頬を触る人

レーザー治療でほくろをとる

ほくろ除去治療において、レーザー照射は傷跡が目立ちにくそうなイメージを抱きます。しかし、一口にレーザー照射といっても、いろんなタイプのレーザーがあります。なるべく、リスクを少なめにほくろを取り除きたいのであれば、タイプ別レーザー治療の特徴を把握しておくべきです。こちらでは、ほくろ除去治療で用いられているレーザーの特徴について紹介します。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、平たく言えばほくろ周辺の皮膚を焼き切る治療法。詳しいメカニズムは、皮膚細胞に含まれる水分に反応する波長を放ち、細胞内の水分を熱エネルギーに変換してくり抜くのです。何より、炭酸ガスレーザーの優れている点は、出血量が少ない上、回復が比較的早いところです。細胞内の水分を熱エネルギーに変える余波で、周囲にある血管は熱凝固作用によってすぐ固まるからです。それに、レーザーそのものは、皮膚の奥深くまで入ってこないです。言わば、皮膚の表面を削る程度なので、回復も比較的早めなのです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーの場合、炭酸ガスレーザーと同じように見られがちですが、熱エネルギーの入れ方が異なります。ダイオードは、ほくろを作り出しているメラニンを狙って照射するものです。言わば、メラニン色素に直接アプローチをして、徐々に黒い色を薄めていくのです。この療法も、炭酸ガスと同じく、傷跡が残るリスクが低いのと、ダウンタイムも短めに済ませられるのが特徴。

レーザー治療はメリットばかりではない

比較的、リスクが少なめなレーザー治療なら、安心してほくろ除去ができそうに感じてしまいます。しかし、上記で紹介したメリットばかりではないことを頭に入れていただきたいです。簡単なレーザー治療でも、術後に十分なケアを施さなければ、再発してしまう恐れがあります。特に、炭酸ガスでの治療後に気をつけたいのが、紫外線です。皮膚表面をくり抜く特性上、紫外線に耐性を持っていない皮膚が表面になるので、ケアを怠っては再び黒くなってしまうことが考えられます。また、クリニック選びも重要です。なぜなら、クリニックによってはレーザーの出力を弱くして、ほくろを作り出すメラニンを少し残して、何度か通院させるところもあります。無駄に費用をかけずに、ほくろを綺麗さっぱりなくすためには、術後のケアのことを知っておくのは勿論、クリニックの実績や信頼性を調べるのが重要です。