長年の悩みとお別れ ほくろ治療ですべて解決

治療で取り除く前にチェック【取り除くべきほくろや切除法の特徴】

ほくろの正体を知る

医者

まずはほくろの正体を知る

顔や体に生じるほくろは、母斑細胞と呼ばれるメラニン色素の一種が皮膚内に増え続けることで生じた皮膚病変です。病変と名がつきますが、人体に深刻なダメージをもたらすものではないので、放置しても大丈夫なものが多めです。特に、気にしなければそのままにしておく人も中にはいます。そんなほくろですが、放置すると生命の危機に瀕してしまう場合があります。実は、皮膚がんと呼ばれる見た目は普通のほくろと大差ない皮膚疾患があります。見た目は、黒い点々に見えてしまうので、放置しても大丈夫と判断してしまう人も数多いです。

皮膚がんと見間違え注意

皮膚がんには、末端黒子型黒色腫、結節型黒子腫、表在拡大型黒色腫、悪性黒子型黒色腫といろんな種類があります。生じる場所や進行のメカニズムは、それぞれ異なりますがどれも症状が進行してしまえば厄介です。

普通のほくろとがんの見極めが難しい

ほくろと皮膚がんの見極めは、非常に難しいものです。色は勿論ですが、形状も同じように見えるので素人目では判別しにくいです。ある日を境に、だんだん盛り上がったり黒い部分が硬質化してきたりして怪しいと感じたら、念のために一度医師に診てもらった方が良いです。早めに除去治療を施しておくことに越したことはないです。放置しておけば、命の危機に瀕するリスクも高まってしまうのは勿論ですが、何より大きさによっては人の視線を集めてしまいます。

ほくろ除去治療では保険が効きにくい

ほくろを除去する場合、保険が適応されやすいのとそうでない療法があります。まず、保険が適応されやすいのが、切り取りと縫い合わせの治療法。保険が適応されにくいのが、レーザー治療です。施術痕が残りにくいという観点では、レーザー治療などがおすすめで、縫合の手間が省けられるのは勿論、ダウンタイムが短めなので早めに日常へ戻っていけます。

治療方法の特性を知るのも重要

ほくろを取り除く治療を受けるなら、まず治療法についてある程度把握しておいた方が良いです。なぜなら、除去治療を受けたからと言って必ずしも綺麗に取り除けるとは限らないからです。ダウンタイム中に、避けるべきことを把握しなければかえって傷痕が目立ってしまうことも考えられます。治療方法の特徴を把握するのも勿論大切ですが、ダウンタイム中のことも考慮するのも同じくらい大切です。体に害を与えたり、見た目的にだいぶ目立たせたりするほくろを綺麗に消すためにも、美容外科や皮膚科が実践している療法の情報を調べるのが得策です。

治療方法を選ぶ

鏡を見る女性

ほくろの治療方法は、切除手術とレーザーがあります。どちらを利用するかは、まず術後のダウンタイム期間や傷痕の目立ちにくさから選びがちですが、気になるほくろの形状のことも考慮しながら選んだ方が良いです。

Read More..

費用負担の度合いを左右

ドクター

美容外科や美容皮膚科で、ほくろ除去治療を行うなら予約方法も考慮すべきです。たかが、予約方法と侮ると費用面で損をしてしまいます。お得に、気になるほくろを取り除くためにも、ネット予約の利便性を知っておくのがおすすめです。

Read More..

特徴を知るのも大事

頬を触る人

なるべく、ほくろ除去で傷跡を目立たせずにしたい場合に多く選ばれるのがレーザー治療。利用する際、レーザーそれぞれの特性と、デメリットについて詳しく知っておくのも大切です。

Read More..

お得に利用する

鏡を見る女性

美容外科や美容皮膚科は、健康保険が適応されにくいので、高額な印象を抱きやすいです。しかし、探しようによっては、通常よりも安い価格でほくろ治療が受けられます。クリニックの実績や信頼性に注意しながら探すのがおすすめです。

Read More..